映画「ミナリ」出演の子役アラン・キム(8)が、女優ユン・ヨジョン(73)の英アカデミー賞・助演女優賞受賞を祝福した。

 「ミナリ」に”孫”デイビッド役で出演したアラン・キムは12日、SNSを通して「おめでとうございます!YJユン・ヨジョン先生(先輩)」とし「先生は本当にすばらしい。本当におめでとうございます」とコメントし、写真を投稿した。

 公開された写真と動画でアラン・キムは、授賞式でユン・ヨジョンの名前が呼ばれた瞬間、テレビ画面に向かい拍手をしながら満面の笑みを浮かべている。共演者の受賞を自分のことのように大喜びするアラン・キムの姿が話題となっている。

 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)が授与する英国アカデミー賞の授賞式が11日(現地時間)に開催され、米映画「ミナリ」に出演した韓国ベテラン女優、ユン・ヨジョンが助演女優賞を受賞した。

 映画「ミナリ」は、韓国系米国人のリー・アイザック・チョン監督が自身の体験をもとに1980年代に希望をもって米国に移住した韓国人一家の物語を描いた。