「爽やかさの王者」「SHINee」が、今日(12日)、7thリパッケージアルバム「Atlantis」(アトランティス)をリリースする。

 「SHINee」の7thリパッケージアルバム「Atlantis」は、今日午後6時に各種音楽サイトで音源が公開され、タイトル曲「Atlantis」を始め、「Area」「Days and Years」など新曲3曲が追加された全12曲で構成されている。

 特にタイトル曲「Atlantis」は、メンバーの弾けるように気持ちのいいボーカルが「SHINee」特有の爽やかさを発揮しているポップダンスのナンバーで、歌詞には、愛する人を通じて初めて向き合った深い感情を、未知の世界「Atlantis」に例えて表現し、ラッパーのチャンモがラップメイキングに参加し、さらに魅力を加えた。

 今回の曲についてミンホは「聞いた瞬間に『SHINee』の曲だと思った。鑑賞ポイントは、サビの『Deep Deep Deep』部分が、深海に潜っていくような気分を感じられるので、ドライブや散歩をしながら聴くのにいいと思う。」と紹介し、キーは、「大事にしていた曲だけに、一生懸命準備した。『SHINee』のアップグレードした爽やかさを楽しめる。」と伝え、期待を高めた。

 さらにテミンは「『SHINee』の爽やかさを改めて見せたかった。導入部のリズミカルなギターサウンドが心に刺さるポイントで、今から夏までの季節感がしっかり出ている。」と明かし、オンユは「夏に爽やかさを感じられる曲。ミュージックビデオの海の中のエレベーター、動く泡など躍動感のあるCGも見どころだ。」と紹介し、興味をそそった。

 また「SHINee」はアルバムの公開に先立ち、今日午後5時からNaverのV LIVE「SHINee」チャンネルで、スペシャル生放送「SHINee’s Sailing: Finding ‘Atlantis」を行い、新曲の紹介、アルバム制作のビハインド、活動のスポイラーなど様々なトークをファンと交わす予定で、好評が期待される。

一方で「SHINee」の7thリパッケージアルバム「Atlantis」は4月15日にアルバムが販売される。