韓国ボーイグループ「NU’EST」が新譜音源の一部を公開した。

 所属事務所「PLEDISエンターテインメント」は13日の午前0時、公式SNSチャンネルを通じて2ndフルアルバム「Romanticize」の音源一部を先に聴ける「Pre-Listening#1」を公開し爆発的な反応を呼び起こした。

 先日公開されたオフィシャルフォトで構成された今回の映像は1stTrackの「DRESS」から5thTrackの「DRIVE」まで2ndフルアルバムの団体曲で作られたため視線を引いた。アルバムの1stTrackの「DRESS」は特別な場所で出会い、互いに強く惹かれる相手に対する感情を描き、聴く人の耳を魅了する。

 特にタイトル曲であり2ndTrackの「INSIDE OUT」は複雑な感情の移動が繊細に描かれた歌詞と「NU’EST」のボーカルが調和したことはもちろん、Chill Houseジャンル基盤のミニマルなトラックサウンドが特徴だ。この曲にメンバーべクホとJRが作詞に参加し、べクホは作曲にも名を挙げ音楽的な力量を誇示した。

 続いてUrban R&Bジャンルの変曲的な試みが目立つ3rdTrack「DON’T WANNA GO」と、相手の多彩で無限な魅力にハマり新世界を経験する瞬間を‘Black’色で表現した4thTrack「BLACK」は一層幅広くなり成熟した「NU’EST」のスペクトラムを込め、名盤誕生を予告した。

 最後に5thTrack「DRIVE」は昨年10月に発売された日本フルアルバムタイトル曲の韓国語バージョンでリズミカルなギター演奏と強烈ながらソフトなテーマが目立つエレクトロポップジャンルの曲だ。

 このようにとあるジャンルに限らずに多彩なジャンルでK-POPリスナーたちを完璧に魅了する「NU’EST」の2ndフルアルバム「Romanticize」は「実際よりもっとロマンティックにする」との辞典的な意味を持つだけあって団体曲に加えソロ曲も収録したと伝え、発売予定の全曲音源についてより期待させている。

 「NU’EST」は今月19日の午後6時に各種オンライン音源サイトを通じて2ndフルアルバム「Romanticize」を公開する。