韓国男性グループ「NU’EST」が2ndフルアルバムのタイトル曲「INSIDE OUT」のミュージックビデオティザーで強烈なインパクトを残した。

 所属事務所「PLEDISエンターテインメント」は本日(15日)午前0時に公式SNSを通じて「NU’EST」2ndフルアルバム「Romanticize」のタイトル曲「INSIDE OUT」のミュージックビデオティザーを初公開し、華麗な映像美で見る人の視線を奪った。

 公開されたティザー映像は優雅にポケットボールをしているミンヒョンの姿で始まって、巨大な石膏オブジェ作業に熱中しているべクホ、リビングで時間を過ごしているレン、一人で苦しんでいるJR、疑問の空間でカリスマを見せているアロンまで、メンバーたちの姿が速いスピードで交差し、25秒という短い再生時間の間にメンバー個々の多様な物語とメンバーたちの完璧なビジュアルをいっぱい込めた。

 特にティザーには退屈そうな表情から激しい憤怒、切ない涙まで「NU’EST」メンバーたちの感情的熱演が加わりクライマックスに達した緊張感を与えていて、映像全般に調和されるタイトル曲「INSIDE OUT」の音源一部はその雰囲気を倍加させ、2ndフルアルバムに対する期待感を増爆させた。

 今回の2ndフルアルバムタイトル曲「INSIDE OUT」は複雑な感情の移動が繊細に描かれた歌詞と「NU’EST」のボーカルが調和された曲で、Chill Houseジャンルを基盤としたミニマルなトラックサウンドが特徴だ。ここにメンバーべクホとJRが作詞に参加したのとべクホは作曲にも名を挙げ、もう一つの名曲誕生を予測させている。

 このように「NU’EST」はミュージックビデオティザーを通じて自分たちだけのまた違う音楽色と魅力を発散し、今まで数多くの変身と挑戦を成功させてきた彼らだけあって、今回の2ndフルアルバムで見せるアップグレードされた音楽的な力量に多くの人々の耳目が集まっている。

 一方、「NU’EST」は今月19日の午後6時に各種オンライン音源サイトを通じて2ndフルアルバム「Romanticize」を公開する。