10年前にデビューして特別な成果が無くそのまま解散する危機だったガールズグループが、今年、1か月の間に奇跡のような大きい人気を集めていることに海外メディアも彼女らの成功に注目した。

 アメリカ外交専門誌「The Diplomat」はYouTubeと軍人たちのお陰でチャート逆走の神話を作った「Brave Girls」が今は逆に多くの人の希望になっていると15日(現地時間)に報道した。

 「Brave Girls」は10年間の活動を終了すると決定する直前の2月末に、4年前に発売した「Rollin’」という曲がYouTubeを通じて話題となり、1か月も経たないうちに「米ビルボードK-POP100」で1位となった。

 ユーチューバーVIDITORは4年前に軍部隊で公演する「Brave Girls」の映像を編集してアップロードし、この映像は当時軍隊にいた将兵たちの支持の中、大きく話題となり全国的な人気を得た。

 実際「Brave Girls」の人気に火を着けたYouTubeの原本映像には当時軍服務を終えた人たちがこの歌についての思いを語るコメントが多く上がっていた。コメントの中には「この曲は軍服務中の私に滋養強壮剤のようだった」と語る人もいた。

 「The Diplomat」は思い出を共有しながら解散危機になった「Brave Girls」を復活させた人たちをはじめ、韓国に居住する多くの青年たちは今は逆に「Brave Girls」から希望と力を得ていると伝えた。

 高い失業率と住宅難に悩まされ、経済的な困難に苦しみながら夢すら諦める韓国の若い世代たちに「Brave Girls」のチャート逆走の神話は、彼らに一筋の希望の光となった。

 「Brave Girls」メンバーユジョンは最近インタビューで「年のせいで夢を諦める多くの方々がいるけど、10年という時間の間、失敗の崖っぷちに立っていた私たちが再び立ち上がることを見て、もうそんな考えはしないでほしい」と言い、「私たちは今、皆さんの夢を応援します」と伝えた。