ヒップホップデュオ「45RPM」のメンバーであり、ヒップホップグループ「DJ DOC」のイ・ハヌルの実弟でもあるイ・ヒョンべ(Smash)さん(48)が突然この世を去り衝撃に包まれる中、所属事務所側は正確な死因を把握するために解剖を行う予定だと明らかにした。

17日、イ・ヒョンベさんの所属事務所Superjam Records側の関係者は、「イ・ヒョンベさんの死因が最初は心臓麻痺だと分かったが、実兄である『DJ DOC』のイ・ハヌルなどがチェジュ(済州)島に向かい、確認した結果、同日午後までは死亡原因が正確に把握されなかった」と明らかにした。

そして「いったん警察が遺族に具体的な死因の把握のために解剖を要請し、遺族たちはこれを受け入れた」とし、「現在としては、故イ・ヒョンベさんに対する解剖は週末が明けた後、19日に実施される予定」だと述べた。

この関係者は「解剖はチェジュ島で行われ、その後葬儀を執り行う予定」だと付け加えた。

これに先立ちイ・ヒョンベさんは、居住していたチェジュ島で同日午前突然死亡し、歌謡界とファンたちを衝撃と悲しみに包んだ。イ・ヒョンベさんの死亡の悲報に兄のイ・ハヌルはもちろん、親しい間柄である「DJ DOC」のチョン・ジェヨンなどは号泣したと伝えられた。

ネットユーザーたちもインターネットやモバイルに、イ・ヒョンベさんを追悼するコメントを多数残している。

1973年生まれのイ・ヒョンベさんは1990年代後半にMC Zollaという名前のラッパーとしてヒップホップ界に登場し、その後「45RPM」に合流し、グループ活動を始めた。その後、YGエンターテインメントと契約した後、2005年に「45RPM」の1stアルバム「Old Rookie」をリリースし、歌謡界に正式デビューした。2009年には実兄であるイ・ハヌルが率いる事務所Buda Soundに合流し、「This Is Love(Feat.イ・スンファン)」、「Love Affair(Feat.K.Will)」などの楽曲をリリースした。死亡する前まで、イ・ハヌルとともにSuperjam Recordsに移籍していた。

イ・ヒョンベさんは「45RPM」として活動しながら映画「品行ゼロ」のOST「Happy Life」、そして「Rigidong(Feat. Red Roc, Sugar Flow)」、「Coy Girl」、「Saljjak-kung」などでとても愛された。Mnetのヒップホップバトル「SHOW ME THE MONEY」やKBS 2TVのバラエティ「天下無敵野球団」でも活発に番組活動を繰り広げたりもした。2012年にはグループのメンバーと「SHOW ME THE MONEY」に出演して準優勝し、実力を認められた。昨年にはラップバトル番組「君たちにHIPHOPがわかるか」に出演するなど、最近まで活発に活動を続けていた。



■自殺を防止するために厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口
●こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556
●よりそいホットライン:0120-279-338、岩手県・宮城県・福島県から:0120-279-226
●いのちの電話:0570-783-556