グループ「BTS(防弾少年団)」が米ビルボードメインアルバムチャートで毎週新記録を続けている。

 今月20日(以下現地時間)ビルボードが発表した最新チャートによると、昨年2月に発売された「BTS」の4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」はメインアルバムチャートのビルボード200で113位を記録した。「BTS」のアルバムの中で通算4回目のトップ(2020年3月7日付)となったこのアルバムは60週間連続チャートインした。韓国歌手でビルボード200の連続チャートイン最長記録を更新した。

 「MAP OF THE SOUL:7」は他のチャートでも冷めない人気を見せている。トップカレントアルバムセールスでは13位、インディペンデントアルバムでは15位、トップアルバムセールスでは17位を各々記録した。ワールドアルバムチャートでは1位を奪還し、通算26回目のトップとなった。

 「BTS」が昨年11月に発売した「BE」アルバムもビルボードチャートでその勢いを続けている。「BE」はビルボード200で117位に上り、インディペンデントアルバムでは17位、トップカレントアルバムセールスでは18位を各々記録した。

 一方、昨年8月に発売された「BTS」のデジタルシングル「Dynamite」は全世界200ヵ以上の国家/地域のストリーミングと販売量を集計して順位を発表するビルボードグローバル(米を除く)チャートで7位に、ビルボードグローバル200では14位にランクされた。