韓国俳優ナ・インウがKBS月火ドラマ「月が浮かぶ川」(原題)の放送終了の心境を伝えた。

 20日、ナ・インウは自身のSNSを通じて「これまで『月が浮かぶ川』を視聴して、応援して、惜しみない愛をくださったすべての皆様に感謝している。もっと成長した姿でお目にかかる」とし「お疲れさまでした。ありがとうございます。愛しています」と綴り、写真を掲載した。

 公開された写真は、ナ・インウがドラマ撮影現場で、“オンダル”に扮したまま写真を撮った姿が収められており、視線を引き付けた。

 先立ってナ・インウは20日に放送終了した「月が浮かぶ川」でオンダル役を担い、熱演した。剛直でカリスマ溢れる姿から、愛の前では純真になる少年の姿まで代替不可能な存在感を示して視聴者からたくさんの愛を受けた。

 一方、ナ・インウは活発な放送活動を続ける予定だ。