アイドルグループ「ENHYPEN」の2ndミニアルバム「BORDER:CARNIVAL」の予約注文量が45万枚を突破した。

 今回のアルバムは去る5日に予約販売を開始し、19日目の23日午前基準で45万枚を突破し、爆発的な人気を証明した。昨年11月に発売されたデビューアルバム「BORDER:DAYONE」が20日間で30万枚の予約注文量を記録したのに比べると、15万枚も増加した数値だ。

 デビュー5か月で全世界のK-POPファンが最も注目する“第4世代のホットアイコン”新鋭となった「ENHYPEN」は、5か月ぶりのカムバックを控えている。先立ってミュージックビデオ(MV)ティザーを通じて公開されたタイトル曲「Drunk-Dazed」の中毒性の強いメロディーが大きな関心を集めた中、華麗なパフォーマンスとステージに対する期待も高まっている。

 「BORDER:CARNIVAL」にはタイトル曲「Drunk-Daze」をはじめ、「Intro:The Invitation」、「FEVER」、「Not For Sale」、「Mixed Up」、「Outro:The Wormhole」など全6曲が収録される。

 一方、「ENHYPEN」は来る26日午後、新譜「BORDER:CARNIVAL」を発売、同日午後8時からMnetとM2デジタルチャンネルを通じて「ENHYPEN COMEBACK SHOW CARNIVAL」でファンと会う。