「第4世代ホットアイコン」の「ENHYPEN」が今日(26日)2ndミニアルバム「BORDER : CARNIVAL」を発表し5か月ぶりにカムバックする。

 「ENHYPEN」は昨年11月に発売された1stアルバム「BORDER : DAY ONE」を通じてデビューを前にした複雑な心境を歌った。「BORDER」シリーズで繋がる今回のアルバムではデビュー後に経験した見慣れず華麗な世界に対する感想を歌う。「ENHYPEN」が直接感じた感情を込め真正性のある音楽を完成させた。

 タイトル曲「Drunk-Dazed」は新譜の主題が一番明確に表れるTrackだ。「ENHYPEN」がデビュー後に向き合った世界は既存のルールと境界が消えた完全に新しい世界だった。メンバー7人はすべてが華麗に見える環境がまるでカーニバルのようだと感じ、この感想を歌で表現した。「Drunk-Dazed」のサビには見慣れない空間が与える混乱で朦朧(もうろう)な感じが特に上手く表現されている。

 「BORDER : CARNIVAL」ではタイトル曲を含む計6曲が収録される。1stTrack「Intro : The Invitation」は2ndミニアルバムのスタートを知らせる曲でデビューアルバムのOutroと繋がる構成が特徴だ。サイケデリックサウンドで新しい世界の幕を開くような感じを演出した。「FEVER」は相手に対する切ない気持ちを込めた歌で、官能的な歌詞と簡潔な曲の構成が印象的だ。最近の10代の考えを込めた「Not For Sale」は多くの人々が気楽に聞けるポップジャンルの曲だ。「Mixed Up」はある日急にオンライン上で注目されるようになった少年の物語が込められた。最後のTrack「Outro : The Wormhole」は恍惚したカーニバルが終わり、ワームホールを通じて完全に違う時空間に吸い込まれることを暗示する曲だ。

 一方「ENHYPEN」は今日(26日)午後6時に2ndミニアルバム「BORDER : CARNIVAL」を発表し、午後8時にMnet放送とM2デジタルチャンネルを通じて全世界に同時放送される「ENHYPENカムバックショーCARNIVAL」を通じてファンたちに会う。