韓国のポッペラ歌手イム・ヒョンジュの所属事務所は、アーティストに関する虚偽事実の流布など悪質ネットユーザーおよび身辺に危険を加えるストーカー行為者に対し、法的対応をとった。

 所属事務所は26日、公式立場を通して「イム・ヒョンジュに対する悪質なコメントと掲示物を持続的に作成し、虚偽事実を流布したネットユーザーを相手に虚偽事実流布、名誉毀損、公共侮辱、業務妨害などの疑いで去る23日に告訴、告発手続きをおこなった」と明らかにした。

 続けて「一部悪質ネットユーザーは数年にわたり悪意ある文言を投稿し、最近は虚偽の事実を提起する事案がより深刻になっていると判断し、今回の措置に至った」と説明。

 また「アーティストの身辺を危険にさらす脅迫電話や事務所の公式メールにハッキングを試みるストーカー行為者についても業務妨害、脅迫など容疑で告訴した」と伝えた。

 その上で事務所側は「今後も所属アーティストに対する悪質行為について一切の善処なく、法的対応をとる予定」と強調した。