ボーイズグループ「ENHYPEN」が、新しいアルバムのタイトル曲「Drunk-Dazed」のミュージックビデオを公開した。

「ENHYPEN」は26日午後6時に公式YouTubeチャンネルに新譜「BORDER:CARNIVAL」のタイトル曲「Drunk-Dazed」のミュージックビデオを掲載した。 「Durnk-Dazed」は「ENHYPEN」がデビュー後に経験した不慣れで華やかな世界の率直な感情を込めた曲だ。 「ENHYPEN」はすべてのルールが崩れたような新しい環境がまるでカーニバルだと歌う。

新譜と一緒に公開されたミュージックビデオには、きらびやかなカーニバルに陶酔していく少年のイメージが視覚的に実装されている。 「ENHYPEN」はプライベートパーティーに招待されて、自分たちだけの祭りを楽しむ。一人の他の空間に向かうソヌと古風な衣装を着て雰囲気を上げる7人のメンバー、主要なメタファーとして登場する赤い液体など、多くの象徴が登場して見る楽しさを加える。

また、「催眠ダンス」、「牙ダンス」など、一度だけ見ても強烈な印象を残すポイント振付に視線を奪われ、リピート再生を誘発する。派手なカメラワークと様々な演出技法を活用して、朦朧(もうろう)と混沌(こんとん)な雰囲気を演出した点も興味深い。特に、7人メンバーの完璧な和を垣間見ることができる群舞シーンと赤の雨に打たれ広げるソンフンの独舞は今回のミュージックビデオのハイライトだ。

「ENHYPEN」は26日午後6時、2ndミニアルバム「BORDER:CARNIVAL」を発表した。続いて午後8時では、ケーブルチャンネルMnet放送とM2デジタルチャンネルを通じて全世界に「『ENHYPEN』カムバックショーCARNIVAL」が放映された。