グループ「BTS(防弾少年団)」の「MAP OF THE SOUL:7」アルバムがビルボードのメインアルバムチャートで逆走した。

27日(現地時間)、米国の音楽専門メディアビルボードが発表した最新チャート(5月1日付)によると、「BTS(防弾少年団)」が昨年2月に発売した4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」は、メインアルバムチャート「ビルボード200」で105位を占めた。これは先週(113位)よりも8位上がった結果だ。このアルバムは、2020年3月7日付の「ビルボード200」チャートに進入し、1位に直行した後、61週連続チャートインした。

最新チャートで「MAP OF THE SOUL:7」は、「ビルボード200」以外にも「ワールドアルバム」チャート1位をはじめ、「トップカレントアルバムセールス」12位、「トップアルバムセールス」13位、「インディペンデント・アルバム」17位、 「テイストメーカーアルバム」17位をそれぞれ記録し、冷めない人気を見せている。

昨年11月に全世界に公開された「BTS(防弾少年団)」の「BE」も「ビルボード200」チャートで128位を記録し、「ワールドアルバム」2位、「トップカレントアルバムセールス」18位、「インディペンデント・アルバム」22位、 「トップアルバムセールス」24位にそれぞれランクインした。

「グローバルメガヒットソング」として位置づけた「BTS(防弾少年団)」のデジタルシングル「Dynamite」もビルボードチャートで活躍している。世界200以上の国/地域のストリーミングと販売量を集計して順位を発表する「ビルボードグローバル(米国を除く)」チャートでは、先週と同じく7位を占め、「ビルボードグローバル200」では18位だった。

「BTS(防弾少年団)」は、来月21日に新曲「Butter」でカムバックする。 「Butter」はダンスポップベースの楽しく軽快な雰囲気に「BTS(防弾少年団)」のやわらかいながらもカリスマあふれる魅力を感じることができるエキサイティングなサマーソングだ。