ラッパーSwingsがP NATIONの新しい家族となった。

 PSYとP NATIONは29日、公式SNSを通じてSwingsと豚カツを食べる映像に続き「WELCOME SWINGS」とのコメントが込められたイメージを追加して掲載し、その前に公開した「NEW ARTIST」ティザーのシルエットの正体でありP NATIONの9番目のアーティストがSwingsであることを知らせた。

 Swingsは2008年EPアルバム「UPGRADE」でデビューして以来「On My Way」、「No Mercy」、「ブルドーザー」などのヒット曲を通じて強烈なラップスタイルとパンチライン歌詞を見せ韓国ヒップホップを代表するラッパとして位置付けた。

 彼はMnetヒップホップサバイバルプログラム「SHOW ME THE MONEY(ショー・ミー・ザ・マネー)」の多数のシーズンに応募者及びプロデューサーとして参加し、大衆と近く疎通すると同時にヒップホップの大衆化の中心にいて、INDIGO MUSIC、LINCPIN MUSIC(前JUST MUSIC)、WEDAPLUGG RECORDSなどの音楽レーベルIMJMWDPを導き韓国ヒップホップのトレンドを先導している。

 専属契約のお知らせが発表された直後にSwingsは自分のSNSに「僕の弟たちは今までより見守ってあげていて、これからもこれを話すことでもっと大きい責任感を持って接する」と後輩たちに対する格別な愛情と責任感を伝えた。

 P NATIONへの電撃合流を決定したSwingsはアーティストとしての歩みと韓国代表ヒップホップレーベルの首長として責任感のある活動に高い期待が集まる。

 P NATIONは最近PSYを筆頭にJessi、ヒョナ、CRUSH、DAWN、Heize、D.Ark、PENOMECOに続きSwingsまで、はっきりとした音楽的な性向と個性的なスタイルを持ったアーティストたちを相次いでスカウトし、多彩な結果物を見せP NATIONだけの色を作り上げている。Swingsと出会い加速度をあげるP NATIONの成長に高い関心が集まる。