「(G)I-DLE」の新曲「Last Dance/Prod. GroovyRoom」が、国内外音源チャート最上位圏を獲得した。

29日にユニバースアプリと各種音源サイトを通して発表された「(G)I-DLE」の「Last Dance」は、公開直後にBUGS、GINIEリアルタイムチャートでそれぞれ1位、9位を記録しながら、国内音源チャート上位圏に安直した。

特に「(G)I-DLE」は、国内だけでなく海外音源チャートでも1位を記録して、熱い反応を立証した。「(G)I-DLE」の「Last Dance」は、iTunes K-POPソングチャートマレーシア、ノルウェー、デンマークなどで1位を獲得して、ニュージーランド、インドネシア、ブラジル2位、イギリスとアメリカ3位、イタリアとカナダ4位、オーストラリア7位を記録した。TOPソングチャートでもペルー1位、フィンランド4位、シンガポール5位、インドネシア7位など、18ヵ国地域のチャートを席巻しながら、グローバル大勢を立証した。

新曲「Last Dance」は、「(G)I-DLE」と大勢ヒップホッププロデューサーの「GroovyRoom」が出会い、音楽的シナジーを発散させた。 特有の洗練されたサウンドが引き立つディップハウス系列のポップジャンルで、ビートの上に「(G)I-DLE」のシックでパワフルなボーカルとラップが加わり、リスナーの耳を魅了した。

また、音源と一緒に公開されたMVでは、魔女に変身した「(G)I-DLE」の華やかなパフォーマンスに、「GroovyRoom」特有の感覚的で夢幻的なビートが加わり、グローバルファンの耳目を集中させた。

一方、「Last Dance」は各種音源サイトを通して鑑賞できて、MVはユニバースアプリで会う事ができる。