韓国の男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が米国のメインアルバムチャートで2つのアルバムを同時にランクインさせ“不動のチャートイン”を続けている。

4日(現地時間)、米国音楽専門媒体のビルボードが発表した最新チャート(5月8日付け)によると、BTSの正規4集(4thフルアルバム)「MAP OF THE SOUL:7」は「ビルボード200」で111位を記録した。昨年2月に発売したBTSのアルバムの中でも通算4番目に「ビルボード200」(2020年3月7日付け)に上がったこのアルバムは62週連続でチャートインした。毎週韓国歌手としての最長記録を更新中だ。

「MAP OF THE SOUL:7」は「ビルボード200」以外にも「ワールドアルバム」チャート1位と共に「TOPカレントアルバムセールズ」12位、「インデペンデントアルバム」13位、「TOPアルバムセールズ」14位等その他のチャートでも上位圏に布陣した。

昨年11月に発売された「BE」アルバムも「ビルボード200」チャートで137位にあがったことを始め「ワールドアルバム」2位、「TOPカレントアルバムセールズ」20位、「インデペンデントアルバム」22位、「TOPアルバムセールズ」29位と、長期間の興行ヒットを続けている。

「BTS」はまた「ワールドアルバム」チャートで「MAP OF THE SOUL:7」と「BE」以外に「LOVE YOURSELF 結 ’Answer’」、「LOVE YOURSELF 轉 ’Tear’」、「LOVE YOURSELF 承 ’Her’」、「MAP OF THE SOUL : PERSONA」、「Skool Luv Affair」、「WINGS」等、全8つのアルバムをチャートにあげその威厳を誇示した。

全世界に震動を与えたデジタルシングル「Dynamite」もやはり、発売されてから8か月を過ぎてもビルボードチャートではランクインし続けていた。この曲は全世界200カ国以上の国家/地域のストリーミングと販売量を集計し 順位を発表する「ビルボードグローバル(米国除外)」チャートで10位を占め、「ビルボードグローバル200」では前週に比べ一段階上昇し17位を記録した。

一方「BTS(防弾少年団)」は21日、楽しく軽快なダンスポップ雰囲気の新デジタルシングル「Butter」を公開する。発売を目前に7人のメンバー各自の個性が詰まったコンセプトクリップが公開されると新曲への全世界ファンの関心が高まっている。