映画 「SUNNY」の日本リメイクバージョンが韓国で観客と出会う。

輸入·配給社CONTENTS PANDAは3日、「日本映画「SUNNY」(監督 大根仁)が5月に韓国で公開することが確定した」と明かした。

「SUNNY」は2011年5月に公開し観客745万人の心を奪ったカン・ヒョンチョル監督のコメディ映画。この映画は篠原涼子、広瀬すず主演で日本で再誕生した。

「冷静と情熱の間」、「アンフェア」の篠原涼子と「海街diary」、「ラストレター」の広瀬すずがナミ役を演じ「SUNNY」メンバーと出会う。