韓国の女優キム・ジェギョンがtvN新ドラマ「悪魔判事」に出演確定を決め活躍を予告した。チソン、キム・ミンジョン、ジニョン(GOT7)、パク・ギュヨン等、堂々たる演技力を持つ俳優陣で構成された強力なラインアップにキム・ジェギョンが加わりドラマに対する期待感を一層あげている。

キム・ジェギョンが出演の知らせを伝えた「悪魔判事」は、仮想のディストピア大韓民国を背景に全国民が参加するライブ法廷ショーを通じて、正義に対するメッセージを投げかけるドラマだ。混乱の時代に登場した悪魔判事カン・ヨハンは皆の英雄なのか、判事の仮面を被った悪魔なのか。劇中キム・ジェギョンはカン・ヨハン(チソン)司法裁判部の陪席裁判官であるオ・ジンジュ役で更なる演技変身を図る。

キム・ジェギョンが演じるオ・ジンジュは別名カメラ大好き判事だ。派手なビジュアルと秀麗な話術のお陰でメディアの注目を一身に受ける人物だ。特に一連の事件らで最高裁に入った後は、自身にやってくる機会を逃すまいと孤軍奮闘するなど野心家の面貌までを持つ一風変わったキャラクターの誕生でドラマに緊張感を与えていく存在とみられる。

キム・ジェギョンは「素敵な監督と作家の方々、俳優陣らと一緒にお仕事ができてとても光栄です」と出演の感想を述べた。これに「良い現場で多くのことを学ぶことができ毎瞬間ワクワクしています。いつでも楽しく撮影に向かい、その楽しさが滲み出るようなオ・ジンジュを演技していきたいです」とし、作品とキャラクターに対する愛情を思う存分表した。

これまでキム・ジェギョンはドラマ「ライフ・オン・マーズ」を始め「バッドパパ」、「初対面で愛しています」、最近では映画「簡易駅」の主演を演じ演技スペクトラムを確立した。ジャンルを問わない多数の作品の中で自身だけの存在感と魅力で大衆を惹きつけるキム・ジェギョン。ドラマ「悪魔判事」を通じて見せる彼女の新たな姿にも関心が注がれている。

キム・ジェギョンが出演するtvN新ドラマ 「悪魔判事」は今年の下半期に放送予定だ。