「NO LIMIT」をテーマに第3次バトルの第1ラウンド・チーム戦がスタートした「KINGDOM :LEGENDARY WAR」(Mnet)。5月13日(木)の第7話では、「iKON」×「SF9」×「THE BOYZ」の「イッツワン」チーム、「BTOB」×「Stray Kids」×「ATEEZ」の「メイフライ」チームのコラボユニット対決として、“ラップ”と“ダンス”ユニットのステージが公開された。

まずはラップユニット対決。先攻の「イッツワン」チームは、くしくもMnetのラッパーサバイバル出身者が集まり、「SHOW ME THE MONEY3」の優勝者BOBBY(iKON)、「高等ラッパー2」出身のフィヨン(SF9)、「高等ラッパー」出身のソヌ(THE BOYZ)という3人のメンバー構成だ。

ラップステージへの渇望があるというフィヨン、ソヌに共感したBOBBYが曲を作り、自分たちが志す道を進むため、どんな妨害も受けないという強い意志を込めた「Full DaSH」で、自分たちの姿をそのまま表現。BOBBYは勝つことより、やりたいことをやって楽しむことにこだわったため、「イッツワン」チームはきらびやかなセットに頼らず、ラップだけで勝負に挑み、自由奔放なヒップホップの雰囲気あふれるステージングを披露。

ソヌの誕生日祝いを兼ね、フィヨンがソヌとBOBBYにスニーカーをプレゼントし、一人だけないフィヨンにはソヌとBOBBYがプレゼントした友情の証のようなスニーカーに、それぞれのファンネームを記し、ステージに立った3人からは余裕が感じられ、楽しさがあふれていた。

後攻の「メイフライ」チームはミンヒョク(BTOB)、「Stray Kids」の3 RACHAと呼ばれるバンチャン、チャンビン、ハンとホンジュン(ATEEZ)という5人構成。3RACHAを中心に曲作りを展開し、「Playing with Paints」でそれぞれ異なるカラーを持つメンバーたちが音楽で一つになり、ステージではさまざまな色彩の華やかなパフォーマンスを展開した。

それを33人のスペシャル評価団が審査したのだが、10対23という結果で「メイフライ」チームが勝利した。思った以上に点数が開いており、後にそれがまた物議を呼ぶことになった。ズバリ、スペシャル評価団のメンツだ。「SUPER JUNIOR」のシンドンとドンヘ、振付師リア・キム、音楽評論家、音楽プロデューサー、ミュージックビデオ監督らに加え、BRANDNEW MUSICの代表Rhymerが自社のボーイズグループ「BDC」と、シンサドンホレンイが自身の手掛けるガールズグループ「TRI.BE」と共に席に座り、他にも「Weeekly」、「MIRAE(未来少年)」といった新人グループが多数加わっていたためだ。

一部のファンから「ポジションを分けたのだから、せめて(評価団に)ラッパー一人でも呼ぶべきだった」、「アイドルパフォーマンスにピントを合わせて審査するんだったら、なぜユニットに分けたのか疑問」などの声が上がっている。パフォーマンス中も、画面には新人アイドルたちのリアクションシーンが挿入されるなど、新人たちをPRする場となっていたのが透けて見えたため、ファンをゲンナリさせる要因の一つとなってしまったようだ。

どちらにしても、ステージに対する見方、評価基準は人それぞれで、どちらが勝っても負けても何かしら批判の声が上がるだろうが、「iKON」のエースであり、後輩ラッパーたちのカリスマ的な存在であるBOBBYが負けてしまったという衝撃は大きい。

ファンの中には、「BOBBYが後輩たちに遠慮せず、もっと前面に出ていれば」と嘆く声などもあったが、ステージを終えたBOBBYは「他のアーティストと作業ができる機会がどれだけありますか?このような機会をくださり感謝しているし、すごく楽しくできました」と語っており、このステージを通して、勝つこと以上に後輩たちに大事な何かを伝えたいという意図があったのかもしれない。

フィヨンはラッパーが4人もいる「SF9」を代表して出てきたし、現在のランキングを考えると、勝つことにこだわりを見せてはいたが、ソヌはこのサバイバルがこんなに幸せだとは思わなかったと笑顔を見せ、すごく良い思い出ができたと清々しい表情を浮かべていた。

続いて、ダンスユニット対決。先攻の「イッツワン」チームは各グループのメインダンサーであるDK(ドンヒョク・iKON)、ユテヤン(SF9)、ジュヨン(THE BOYZ)が集結。「KINGDOM」がスタートする前、「M COUNTDOWN」でスペシャルステージを披露した際、体のラインが美しい、しなやかなダンスで目を奪った3人でもある。

その特徴を生かし、“韓国の美”をコンセプトに「王と妃」のパフォーマンスを披露。3人はそれぞれの名前から一文字ずつとった「柱太赫(ジュテヒョク)」という名前の王を3つの自我で表現。切なさから狂気、孤独さなどを起承転結のストーリーで魅せ、個々の特色まで色濃く出しながら、強烈なインパクトを残した。

後攻の「メイフライ」チームは「BTOB」プニエル、「Stray Kids」のリノ、フィリックス、I.N、「ATEEZ」のユンホ、ウヨン、サン、ヨサン、ソンファの9人構成。「EXO」の「Wolf」をアレンジし、大人数という長所を十分に生かした。さまざまなペアダンスやクランピング、フライングなどダイナミックな見どころを織り交ぜながら、オオカミの野生美をパフォーマンスと表情でしっかりと見せ付けた。

ダンスユニット対決の結果は次回に持ち越しとなったが、番組の最後にはこれまでの総合ランキング(対面式、第1次、第2次バトル)が発表された。

1位は「Stray Kids」(9066.024点)、2位は「ATEEZ」(8025.600点)、3位は「BTOB」(6568.134点)、4位は「iKON」(6127.360点)、5位は「THE BOYZ」(5676.288点)、6位は「SF9」(5536.593点)」という結果だった。

つまり、この第3次バトルの第1ラウンドは、偶然にも上位3組「メイフライ」と下位3組「イッツワン」がチームを結成し、しのぎを削っているということだ。よって、上位同士、下位同士の順番は変わらないが、上位と下位がひっくり返るかどうかというのが焦点となり、第1ラウンドのラップ対決では上位3組がまた一歩引き離したということになる。果たして、下克上は起こるのだろうか。