<「椿の花咲く頃」OST、今日の1曲>
※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「椿の花咲く頃」のOST紹介をお届けする。本作では視聴率女王のコン・ヒョジンとカン・ハヌルが初共演を果たし、高視聴率をマーク。コン・ヒョジンは数年ぶりにドラマにカムバックし、カン・ハヌルは除隊後初めてのドラマ出演作となった。
また、カン・ハヌルはこのドラマで最優秀演技賞を受賞した。
ストーリーは、コン・ヒョジン演じる未婚のシングルマザーに、カン・ハヌル演じる地元の純情派警察官が一目惚れするところから始まる。そして同時に数年前の殺人事件が動き出し、2人は事件に巻き込まれていく。

今日の1曲はキム・ナヨンが歌う「あの時」だ。キム・ナヨンの落ち着いた声が優しく歌詞の想いを届けてくれる1曲。前半では優しく慰めるようなバラードだが後半では盛り上がり、力強い歌声に変わっていく。
苦しい時に力になってくれる人の存在について、歌っている。


<歌詞の解説>

きっとあの時だった

あなたという花が咲いたのは

冷たい風が吹く中で

温かく抱きしめてくれたあの時


苦しかった思い出さえ

あなたのそばでは隠れてしまうみたい

私を笑顔にしてくれた人

私を抱きしめてくれた人

それはあなただけだから


私たち一緒にいてもいいですか

心が求めるままに進んでもいいですか

あなたがあなたで嬉しくて

夢みたいで

あなたから目が離せない


あなたに出会うために

長い時間耐えてきた気がする

これからは私があなたの力になりたい

あなたがそうしてくれたように


あなたの正直な表情も

無邪気な言葉遣いも

あなたの全てが好きなのは

恋なのかな


私たち一緒にいてもいいですか

心が求めるままに進んでもいいですか

あなたがあなたで嬉しくて

夢みたいで

あなたから目が離せない


あなたに出会うために

長い時間耐えてきた気がする

これからは私があなたの力になりたい

あなたのそばで


あなたが現れた日から

胸がいっぱいになったあの日から


もうこの気持ちは隠せない

この人生でたった一度の恋

もう二度とない恋だから


あなたに出会ってから

全ての季節に花が咲くのを感じるの

私たちの気持ちがいっぱいに咲いた

その道を歩くとき 



歌手キム・ナヨン(本名:同じ)は、1991年生まれの29歳。2012年にデビューしたソロシンガー。シングル曲よりもOST参加曲の方が多く、すっかりOST歌手として定着しつつある。
「太陽の末裔」、「むやみに切なく」、「それでも僕らは走り続ける」、「キム秘書はいったい、なぜ?」、「あいつがそいつだ」などヒットドラマのOSTに多く参加している。ペク・チヨンに続くOSTバラード女王になっていくかもしれない。


<ネットユーザーの反応>

「このドラマは忘れられない」
「つらいことがあるときに慰められるドラマ!」
「キム・ナヨンの曲は気持ちを揺さぶる力がある」
「曲にもドラマにも癒された」
「曲を聞いてたら泣けてくる」


「椿の花咲く頃」ではコン・ヒョジンとカン・ハヌルのタッグで注目され、曲の方も人気のOST歌手たちが勢揃いしている。
多くの実力派シンガーたちが登場するため要チェックだ。