<「椿の花咲く頃」OST、今日の1曲>
※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「椿の花咲く頃」のOST紹介をお届けする。本作では視聴率女王のコン・ヒョジンとカン・ハヌルが初共演を果たし、高視聴率をマーク。コン・ヒョジンは数年ぶりにドラマにカムバックし、カン・ハヌルは除隊後初めてのドラマ出演作となった。
また、カン・ハヌルはこのドラマで最優秀演技賞を受賞した。
ストーリーは、コン・ヒョジン演じる未婚のシングルマザーに、カン・ハヌル演じる地元の純情派警察官が一目惚れするところから始まる。そして同時に数年前の殺人事件が動き出し、2人は事件に巻き込まれていく。

今日の1曲はHEIZEが歌う「運命が私に語る」だ。ピアノから始まる曲で、全体に悲しみを表現した1曲になっている。HEIZEの切ない声が曲の歌詞とマッチしている。
主役の2人に訪れた別れのシーンでこの曲が流れる。心の葛藤や悲しみを歌っているようだ。


<歌詞の解説>

もう決められた私の悲しい役割は

私がいる場所とすべての時間の中に

入り込んであなたを傷つけるかもしれない

私を泣かせるために


どうして私は一瞬でも 少しでも

幸せな人として生きられないのかな

離れなきゃと 運命が私に語るの

あなたから去るようにと もっと苦しみなさいと


変に思うことも そんなに驚くこともない

また訪れるただの別れ つらい結末はいつものこと

それがわかっているのに どうして生きていたくなるの

あなたをもっと愛したい


どうして私は一瞬でも 少しでも

幸せな人として生きられないのかな

離れなきゃと 運命が私に語るの

あなたから去るようにと もっと苦しみなさいと


消したら消えていくの? 目を閉じると会わずに済むのかな

生まれ変わってもきっと覚えてる

その時は私たち幸せになろう


どうして私は一瞬でも 少しでも

平凡な恋ができないの?

離れなきゃと 運命が私に語るの

あなたから去るようにと もっと苦しみなさいと



歌手HEIZE(本名:チョン・ダへ)は、1991年生まれの29歳。2014年にデビューしたソロシンガーだ。ドラマ「嫉妬の化身」や「トッケビ」のOSTに参加したことで知名度が上がり、その後もいろいろなドラマのOSTに参加している。
近年では「ホテルデルーナ」や「サイコだけど大丈夫」、「ブラームスが好きですか」などのドラマOSTを歌っており、活発に歌手活動を行っている。


<ネットユーザーの反応>

「HEIZEの歌声が切ない」
「別れを歌っていて悲しい」
「ハッピーエンドになってほしい」
「ヨンシクがかわいそう」
「2人とも泣いているシーンでこの曲が流れるから悲しい」


「椿の花咲く頃」ではコン・ヒョジンとカン・ハヌルのタッグで注目され、曲の方も人気の若手OST歌手たちが勢揃いしている。