女優パク・シヨンが二日酔い状態の運転で追突事故を起こし、罰金刑が宣告された。

 25日法曹界によると、ソウル東部地裁刑事12単独パク・チャンフイ判事は、交通事故処理特例法違反(致傷)・道路交通法違反(飲酒運転)の疑いで在宅起訴されたパク・シヨンに罰金1千200万ウォン(約116万円)を宣告した。

パク・シヨンは1月17日、ソウル ソンパ(松坡)区で自身の運転する車で信号待ちしていた乗用車に追突する事故を起こした。事故当時パク・シヨンの血中アルコール濃度は、運転免許取り消しに該当する0.099%であった。この事故で前の車に乗っていた運転手と同乗者2人が全治2週間の傷害を負った。

事故当時、パク・シヨン側は「16日の夕方、自宅で知人と一緒にお酒を飲んだ、翌日の17日、二日酔いが解けたと判断して、自身が所有する車に乗り外出した。車を走らせ、わずかな接触事故があり、近くにいた警察のアルコール測定の要求に応え、その結果、免許取り消しに該当する数値が出た」とし「理由を問わず、当社は、所属アーティストに、このような事件が発生してしまった点について深く責任を痛感しており、パク・シヨンも深く悔いて反省している。物議をかもしたことを心からお詫び申し上げる」と謝罪した。

パク・シヨンは2006年7月にも飲酒運転で摘発され、道路交通法違反罪などで罰金250万ウォン(約24万円)の略式命令を受けたことが分かった。裁判所は「2度目の飲酒運転となり罪質が重い」としながらも、被害者と合意した点を考慮し、罰金刑を下した。