韓国アイドルグループ「IMFACT」のメンバー・テホのソロデビュー曲が27日、ベールを脱ぐ。

 テホは同日午後6時、各種音源配信サイトを通じて、1stデジタルシングル「GGOMA」を発売する。

 「GGOMA」は最後まで諦めなければ、夢は叶えられるという応援メッセージを込めたスウィングなダンス曲だ。テホが直接作詞・作曲に参加した。

 2016年に「IMFACT」のメンバーとして歌謡界にデビューしたテホはJTBC「シングアゲイン」に37号歌手として出演し大活躍して認知度を高めた。ソロ曲発表は今回が初めてだ。今回の曲には「シングアゲイン」で一緒に活躍したチェ・イェグンがフィーチャリングで参加した。

 所属事務所スター帝国のシン・ジュハク代表は「テホは『シングアゲイン』当時、MCのイ・スンギの言葉のように、誠実さも才能になるということを自ら証明する努力型歌手」とし、「テホが直接作詞と作曲までこなした初めてのソロ曲活動に全面的な支援を惜しまない」と伝えた。