韓国俳優ジスが自身の校内暴力疑惑と関連した虚偽事実を流布し、名誉を毀損した悪質な書き込み者を告訴した。

 ジスの法律代理を務める法務法人(有)世宗は27日、立場文を通じて「依頼人は校内暴力に対する主張が提起された後、すぐSNSに直筆の謝罪文を掲載し、連絡が取れるすべての方々に直接謝罪した」とし、「提起された主張の中には事実と異なったり、完全に虚偽であることが多かったが、依頼人は過去の自分の行動を反省する意味で、その部分について一切対応をしてこなかった」と伝えた。

 以下、ジスの刑事告訴関連の法務法人(有)世宗側の立場文。

本法務法人は俳優ジス(以下、依頼人)の代理人として、次のとおり、依頼人の立場を明らかにします。

依頼人は校内暴力に対する主張が提起された後、すぐSNSに直筆の謝罪文を掲載し、連絡が取れるすべての方々に直接謝罪しました。

提起された主張の中には事実と異なったり、完全に虚偽であることが多かったが、依頼人は過去の自分の行動を反省する意味で、その部分について一切対応をしてきませんでした。しかし、依頼人が過去に「性犯罪を犯した」などの明らかな虚偽の主張がオンラインを通じて拡大・再生産され、依頼人が沈黙して反省する間、上記のような主張はすべて真実であるかのように受け止められています。

依頼人は虚偽事実を正して真実を明らかにするため、情報通信網利用促進および情報保護等に関する法律違反(名誉毀損)などの疑いで刑事告訴をし、現在、虚偽の文を掲示した者に対する捜査が進行中です。また、依頼人は、今後も虚偽の事実を摘示して名誉を毀損し、口にすることすら困難な悪口など、侮辱する者に対して、積極的に法的対応を続けていく予定です。

今回の刑事告訴進行で多くの方々にご心配をおかけしてしまい、改めて心よりお詫び申し上げます。