ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」の新曲「Butter」が、イギリス・オフィシャルチャートでも成功した。

28日(現地時間)、イギリス・オフィシャルチャートによると、「BTS」のニューシングル「Butter」は、「オフィシャル・シングル・チャート・トップ100(Official Singles Chart Top 100)」で3位を獲得した。昨年8月にリリースした「Dynamite」で、このチャートの3位になったことがある「BTS」は、約10か月ぶりに新曲でまたもや最上位圏にランクインした。

「Butter」は「オフィシャル・シングル・チャート・トップ100」の3位の他にも、「オフィシャル・シングル・セールス・チャート・トップ100」と「オフィシャル・シングル・ダウンロード・チャート・トップ100」でそれぞれ1位、「オフィシャル・シングル・チャート・アップデート・トップ100」の2位、「オフィシャル・アイリッシュ・アルバム・チャートトップ100」と「オフィシャル・オーディオ・ストリーミング・チャート・トップ100」でそれぞれ7位に名を連ねた。

「BTS」はイギリス・オフィシャルチャートに先立ち、海外の異なるチャートでもずば抜けた存在感を示した。Spotifyが発表した5月21日付のチャートでは、発売初日に計2,090万グローバルストリーミング数で、Spotify史上一日の最多グローバルストリーミング数を記録し、ギネス世界記録に「公開24時間内にSpotifyで最も多くストリーミングされた曲」として公式登録されたりもした。

またオリコンの最新チャート(5月31日付/集計期間:5月17日〜23日)では、「週間デジタルシングルランキング」と「週間ストリーミングランキング」でいずれも1位を獲得した。

一方、「BTS」は今月21日に「Butter」をリリース後、28日にはオリジナルをハウスベースのエレクトロ・ダンス・ミュージック(EDM)に再解釈した「Hotter Remix バージョン」を公開した。オリジナルとRemixバージョンはiTunesの「トップソング」チャートを掌握し、熱い人気が続いている。