女優チン・アリムが暴力団員を動員し暴力をふるった“パワハラ女優”と名指しされたことについて、悔しいとの立場を明かした。

 チン・アリムは31日、韓国メディア「OSEN」とのインタビューで「パワハラでもなく、暴力団を動員したわけでもない」とし、「わたしをパワハラ女優と決めつけて、わたしが動員した暴力団員に暴行されたと主張しているAさんはわたしのアンチファンだ」と述べた。

 これを前にこの日YTNが、Aさんがある女優のパワハラを暴露したところ、女優が動員した暴力団員からソウル・カンナム(江南)のど真ん中で無差別暴行に遭ったと報道した。

 これに関連してチン・アリムはOSENとの電話取材で「クラブでAさんと会ったことがあり、電話番号を聞かれたが断った。その後、SNSで友達申請が来たので認証したが、投稿したものに文句をつけた。変な人のようなので遮断した」と述べた。

 また「その後、クラブの社長がSNSにわたしに協賛を提案したが断られた内容を掲載し、これをAさんが見て悪意的に編集して、“パワハラ”と書き込んだ。Aさんとクラブの社長は何の関係もない間柄」と説明した。

 チン・アリムによるとクラブの社長は該当掲示物を削除し、Aさんはその文を自分がされたかのように編集してパワハラと主張したという。

 報道に言及された暴力団に関してチン・アリムは「暴力団ではなくファン」とし「ファンが、“チン・アリムのファン”だと言ったら、Aさんが悪口を言ったという。双方で暴行があったのに、記事には一方的に暴行されたというふうに出た」とし、悔しさを訴えた。

 チン・アリムは「ファンは暴力団で、わたしはサイコパスにされた。とても悔しい」とし「むしろ、わたしが被害者だ。アンチファンから示談金要求などの脅迫を受けている」と主張した。

 なお、チン・アリムは現在Aさんを名誉毀損などで告訴したと明らかにした。