韓国女優のキム・ボラがオムニバスホラー映画 「怪奇マンション」にキャスティングされた。

キム・ボラの所属事務所MCMC ENTERTAINMENT側は1日、「女優キム・ボラが映画 『怪奇マンション』で国民の前に登場する予定。最近ドラマと芸能番組でみせる溌剌とした 愛らしい姿とはまた別の面貌を見せる予定なので多くの関心と愛をお願いいたします」と明かした。

映画「怪奇マンション」はWebtoon作家のジウ(ソンジュン)が廃墟アパートの“光臨マンション”を取材したことで巻き起こる奇怪で不気味なオムニバス型作品だ。5つのエピソードで構成されたこの映画は”層間の騒音”、”カビ”、”エレベーター”などの一般的な素材をもつ密度あるホラー感を送る予定だ。

劇中でキム・ボラは主人公ジウを守るダヘ役を担い、ジウ役のソンジュンと管理人役で活躍するキム・ホンパと共に呼吸を合わせ、劇中のホラー感に手に汗握る恐怖を更に増強させているという。

キム・ボラは様々な作品で幅広いスペクトラムと没入度高い演技で活躍している。JTBCドラマ「SKYキャッスル」でキム・ヘナ役に扮し、強烈な演技を見せ視聴者を集中させた。以降、tvN「彼女の私生活」、チャンネルA「タッチ」、MBC シネマティックドラマ 「SF8 宇宙人ジョアン」、KBS2 「ドラマスペシャル泥棒寝」、「wavve」オリジナルXMBCドラマ「Love Scene Number#」などで毎回新たな姿で登場、存在感を発散している。これにキム・ボラが今回「怪奇マンション」でどんな姿を見せてくれるのか期待が集まる。

一方、キム・ボラを始めソンジュン、キム・ホンパ等が出演する 「怪奇マンション」はKT 「2021サマードラマコラージュ」プロジェクトとして制作されたホラードラマとして全体の8つのエピソードを5つに編集し6月劇場にて先行公開をする予定だ。また7月30日からはolleh tv、 Seezn、skylifeを通じて随時公開もされる予定だ。