グループ「NCT 127」とAmeba Cultureが「Save」プロジェクトで音源チャートの首位に上がった。

Ameba Cultureのプロジェクト音源である「Save」は4日の発売直後、BOXMusicのリアルタイムチャートに1位で進入した。Melon、Genieなどでも上位圏に進入し勢いを予告した。

「Save」のミュージックビデオもやはり関心が熱い。今回のミュージックビデオは、「NCT127」の華麗なパフォーマンスと一緒に一編のSF映画のような雰囲気を見せた。これに多くの好評を受けながら高い再生回数を記録している。

「Save」は「Dynamic Duo」のGaekoがメインプロデュースを担い、「NCT 127」が歌唱に参加し熱い話題を集めた。強力でありながらもトレンディーなビート、「Save our memories」と歌う「NCT 127」のメッセージが印象的だ。

「Save」プロジェクトは、#Save memory #Save Love #Save Earth. Save all the progress in the worldというコンセプトを打ち出している。Ameba Cultureは今回の「Save」プロジェクトを通じ愛、地球、思い出、夢、未来など各々の大切な価値を保存し発展できるよう、隠れたサポーターが最終メッセージを全世界に伝える。

何よりもAmeba Cultureは、「NCT 127」だけの音楽スタイルとパフォーマンス、メンバーたちの個性が見えるよう心血を注いだ。「Save」は、「NCT 127」の音楽的な世界観とパフォーマンスに力を加えた結果として誕生した。