ガールズグループ「Red Velvet」のジョイ(本名:パク・スヨン)がドラマでカムバックする。

 ジョイは余命宣告を受けた女性とどん底の人生を生きる男性が殺人事件で絡み、お互いに人生の本当に大切な「一人」になっていく話を描いたJTBCドラマ「一人だけ」(原題)で、ソン・ミド役を演じる。

 ジョイが演じるソン・ミドは人生の絶頂期で余命宣告を受けたSNSインフルエンサーで、幼い頃から自分を神秘的に包み込むことに長け、人の視線を最も重要に思う性格。それだけに「死」を前にして、「殺人事件」に出くわして劇的な日々を送る人物だ。

 ジョイは2017年のtvNドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」で演技に初挑戦し、愛らしい魅力で愛された。続けてMBCドラマ「偉大な誘惑者」に出演し、安定的な演技を披露しており、今作ではどのような活躍を見せるのか、期待を集める。

 特に、ジョイはガールズグループ「Red Velvet」の活動に加え、先月31日にソロでリリースしたスペシャルアルバム「Hello」で独歩的な音色を披露し、音源チャート1位、iTunesトップアルバムチャートで世界26カ国の国と地域で1位を占めるなど好評を得ており、ことし下半期、女優として輝きを放っていく予定だ。

 一方、JTBCドラマ「一人だけ」は「最高の離婚」で繊細な感情描写の卓越していることを立証したムン・ジョンミン作家と、「恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜」「トゥー・カップス」「その男の記憶法」などを通じて洗練された演出力を披露したオ・ヒョンジョンプロデューサーが意気投合した作品で、ことし12月に放送される予定だ。