お笑い芸人ユ・ジェソクが俳優イ・グァンスのSBS「ランニングマン」降板に対する悩みを打ち明けた。

最近進行された録画はイ・グァンスの最後の録画で、イ・グァンスが今までやらかした罪の計量を全て減免しなければならない「good-bye、私の特別な兄妹」レースが開かれた。オープニングで髭を伸ばしたまま登場したイ・グァンスを見たユ・ジェソクは「最後の録画なのに髭を伸ばしたのか。きれいにしてこないと」と相変わらずの「グァンスからかい」で寂しい気持ちを隠した。

それだけでなく、ユ・ジェソクはオープニングからイ・グァンスに「静かに!静かに!」を継続して叫び、二人のトレードマークの「話途中切り」のからかいを続けた。これを聞いたヤン・セチャンが「もうこれから『静かに!シリーズ』を見れないのか」と寂しさを表現すると、ユ・ジェソクは「実は悩みが多い。これからは誰をからかうべきか」とイ・グァンスの降板によって深まった悩みを打ち明けた。しかしすぐに「考えておいた後任者2名がいる」と冗談を言い雰囲気を反転させ、さらに次のからかいの対象になるターゲットメンバー2名をすぐに選び、現場を笑わせた。

大切な「からかいメイト」イ・グァンスを見送るユ・ジェソクの姿と、イ・グァンスの空席を埋めるメンバーの正体は13日の午後5時に放送される「ランニングマン」で確認できる。