グループ「ITZY」メンバーリア側が校内暴力疑惑を提起した同級生Aさんに対する警察の名誉毀損の疑いなし決定に困惑する立場を伝えた。

「ITZY」リアの所属事務所JYPエンターテイメント側は13日午後、「報道を通じて結果に接した、関連する経過を把握中」とし「しかし、結果をそのまま受け入れるのは難しい。経過がより明確に把握され次第、どのように対応するかを決定する」と明らかにした。

この日、仁川警察署は「情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律上の名誉毀損の疑いで訴えられた20代の女性Aさんについて、疑いなしで送致しないことを決定した」と報じた。警察は、犯罪容疑が認められないと判断した事件について検察に送らない「不送致」の決定を下し、終結することができる。

以前、今年2月にAさんは、インターネットコミュニティに「00年生まれの有名女性アイドル校内暴力の被害者です」というタイトルの文を掲載した。Aさんは暴力の加害者にリアを名指しし、過去に加害者がお金を借りて返さず、理由もなく友達にいじめをさせたと主張した。

これに対して所属事務所JYPエンターテイメントは、「現在、インターネット上で当社所属アーティストリアと推定させている文について、当社の立場を申し上げる。この件は昨年、当社が投稿者を虚偽事実流布による名誉毀損の疑いで訴え、現在調査が進められている中の事案で、当社は法的手続きに則り、結果を待っていることをお伝えする。この事案も明らかに虚偽の事実であり、当社は本事案の告訴を追加で進行することに加え、これと関連し、悪質なコメント、虚偽事実の流布などを通じてアーティストの名誉を毀損して活動を妨害する行為等については、強力に法的対応をする方針も伝える」と校内暴力疑惑を一蹴した。

しかし、警察はAさんに対して「名誉毀損罪は当時具体的に認識していた事実関係と個別の事情を総合的に考慮して、成立するかどうかを判断する。Aさん自身が体験したことを表現しただけであり、告訴人を誹謗するために書いたとするのは難しい。Aさんが虚偽の文を書いたとする証拠も十分ではない」とし、名誉毀損の疑いが成立しないと判断した。これと関連し、Aさんは、「真の謝罪を望んでいる」との立場を明らかにしたと伝えられた。