女優チョン・ソミンがデビューを反対したお父さんとよそよそしかった関係を振り返った。

20日に放送されたSBS「みにくいうちの子」ではチョン・ソミンが出演し母ベンジャーズ(母+アベンジャーズ)に会った。

この日チョン・ソミンは「お父さんが演技者になることを大きく反対した。だから9年間お父さんとよそよそしく過ごした」と話を切り出した。

この話にMCたちが驚くと、チョン・ソミンは「実は元々そんなに仲良く過ごしてはいなかった。お父さんが無愛想な方だ。でも今は親バカになった。その時点を考えると私が有名になってからだ」と冗談を混ぜて話した。

またチョン・ソミンは「仲が良くなったことは、一番よそよそしかった頃にお父さんがお部屋のコンピューターで私が撮影したCMを一人で見ていた。その瞬間私の心のしこりがするりと取れた」と告白した。