韓国の役者、パク・ミニョン、ソン・ガン、ユン・パク、ユラ(Girls Day)が国内初の気象庁で働く人々の職場生活を描いたJTBC新ドラマ「気象庁の人々: 社内恋愛残酷史編」出演を確定した。

JTBC新ドラマ「気象庁の人々: 社内恋愛残酷史編」(演出チャ・ヨンフン、脚本ソン・ヨン、クリエイター文字Line&カン・ウンギョン、制作npioeエンターテイメント、JTBCスタジオ、以下「気象庁の人たち」)は熱帯夜よりも熱く局地豪雨よりもつかみどころのない気象庁の人々の日課愛を描いた職場ロマンスドラマだ。日常と最も密着して接している天気を知らせる場所であるが、一体どんな人々がどんな風に働いているのか知ることのできなかった未知の空間、気象庁を背景に展開する初のドラマという点で期待が高まっている。

何よりも“作家監督俳優”の組み合わせが完璧だ。JTBC最高視聴率を記録した「夫婦の世界」を始めとし「ミスティ」、「僕は彼女に絶対服従」等の話題作を続けて誕生させたカン・ウンギョンクリエイターと文字Line所属のソン・ヨン作家が脚本直筆を担った。ここに昨年百想芸術大賞TV部門対象を受賞した「椿の花咲く頃」を演出したチャ・ヨンフン監督が演出を担った。

更にロマンティク・コメディの女王パク・ミニョンと、今勢いのある俳優ソン・ガン、キャラクターにピッタリ合う魅力を演じるユン・パクとユラ(Girls Day)のキャスティングの知らせまでJTBC興行系譜を揃える期待作の陣営を完成させた。

先に、パク・ミニョンは気象庁の総括2課総括予報官“ジン・ハギョン”役を担った。ハギョンは仕事は仕事、自己管理は自己管理、普段からしっかりとした人物で公私明確で、対人関係すらも白黒はっきりと明らかなクール女性だ。原則主義と全ての人間関係からきっぱり線を引く性格のせいで気象庁内では“自発的アウトサイダー”として名通っている。

さっぱりとした演技力で作品のたびに視聴者の脳裏に長く残るキャラクターを作ってきたパク・ミニョンと“ジン・ハギョン”の高いシンクロ率が今から頭の中で描き期待感が駆け巡る。

気象庁の総括2課予報担当の“イ・シウ”役には俳優ソン・ガンが演じる。シウは何にハマることもなく、どこにも属さない自由な性格の持ち主だ。礼儀作法も心遣いもとても人間的な彼のIQはなんと150。意図して進めばできないことはないが、関心はただただ天気だけだ。

大胆な魅力でお茶の間を巻き込む‘勢いある’ソン・ガンが初挑戦する‘サラリーマン’役として、これまで見たことのない役の可能性を爆発させるであろうと期待を集めている。

ユン・パクは気象庁のスポークスマン予報士“ハン・ギジュン”に扮し、‘エリート’キャラクターで帰ってくる。真面目な外見らしく理路整然とした基準は説得力にずば抜けた人物だ。新人時代、予報局総括チームで流暢な言動を披露しスポークスマンとして電撃スカウトされた。

しかし生涯を優等生として生きてきただけに失敗に対しては弱いほうだ。多情でスマートなユン・パクだけの魅力が見せるキャラクター誕生が予想される。

最後にユラが演じる“チェ・ユジン”は日刊紙の気象専門記者だ。スクープが出る事件現場を歩き回り記事を送稿するカッコイイ姿を想像しながらマスコミに入社したが、ユジンが配属された場所は天気と生活チーム。

最初は退屈な場所だと思ったが確信を持てない天候と事件事故が絶えない気象庁に愛情を持つようになる。好き嫌いがハッキリしていて 全てが中間がない記者役は、ユラだけの大胆でドタバタ弾む魅力を活かし新鮮なキャラクターが完成されるであろう。

制作陣は「初台本練習を始めてからすぐに撮影に突入する予定です。完璧な作家監督俳優の組み合わせがどんなシナジーを出していけるのか制作陣もまた期待が高い。今年の夏 に熱く準備し最高の作品としてお茶の間に届けたい」と覚悟を伝えた。「気象庁の人々: 社内恋愛残酷史編」は来年上半期 JTBCで放送される。