韓国トロット歌手キム・スチャンが活動を停止し、軍入隊を決めた理由を打ち明けた。

キム・スチャンは24日午後、インスタグラムを通じて「これまで歌って舞台を立つだけで幸せと感謝していたスチャンだ」と話を切り出した。

続いて「貴重なレギュラー番組まで放棄し、軍服務を開始するしかなかった理由は、これまで3年間ミュージックKエンターテインメントとの歌手活動により私が得たのは精算0ウォンにミュージックKに返済する2億ウォンを超える借金だ」と主張した。

キム・スチャンは、「活動をすればするほど借金が増えて、毎月の生活費も稼げない状況を防ぐための私の選択は、軍服務を開始することだった」と吐露した。

キム・スチャンは、「このインスタグラムアカウントもミュージックKの関係者と一緒に管理する限り、この文が消されるかもしれない」と懸念を示したりした。

最後にキム・スチャンは、「それでも軍服務期間は給料が出るので感謝しなければならないのでしょう」とし「仕事をやめさせて休ませてあげたかったごめんお母さん」と伝えた。

2012年にデビューしたキム・スチャンは、2019年1月のミュージックKエンターテインメントと契約し、シングル「愛のフィクサー」を発売した。以後、昨年TV朝鮮「ミスタートロット」に出演して、最終10位を記録した。

先月27日、訓練所に入所したキム・スチャンは基礎軍事訓練を終えた後、社会奉仕要員として代替服務を開始する。キム・スチャンは過去交通事故により首の椎間板ヘルニアが生じ、身体検査で4級判定を受けたと伝えられた。