JTBC「パラドンパダ」で見せたROSEのステージが視聴者たちはもちろん、ミュージシャンまで虜にした。

29日に初放送されたJTBC芸能プログラム「パラドンパダ」では、ユン・ジョンシン、イ・ジア、イ・ドンウク、オンユ(SHINee)、キム・ゴウン、イ・スヒョンが浦項に開く「パラドンBAR」の初出撃を前に、孤軍奮闘する姿が描かれた。それだけではなく、初アルバイトとして「BLACKPINK」のROSEが登場し、注目を集めた。

この日ROSEはJohn Mayerの「Slow Dancing In A Burning Room」を選曲し、メンバーの前で披露した。メンバーはROSEの魅力的な声と表現力に驚き、引き込まれる姿を見せた。

放送後ROSEの舞台について視聴者たちの感嘆が続く中、米国のシンガーソングライターJohn Mayerが自身のSNSを通じてROSEの舞台について言及した。John Mayerは「This is gorgeous!」と褒め称えた。

この日の放送でROSEはもちろん、ユン・ジョンシンとイ・スヒョンも歌を披露した。二人は浦項の夕焼けを背景に、ユン・ジョンシンと歌手ジョンインの曲「上り坂」を歌い感動を呼んだ。また、ユン・ジョンシンは現場の雰囲気に合う「浜辺のMOOD SONG」を歌い、初放送の夜を風流に締めくくった。