タレントのサユリ(藤田小百合)が、「自発的未婚の母」について、心境を正直に語った。

 去る8日に放送されたKBS Joyのバラエティー番組「ソルバイバル」に、タレントのサユリが出演した。

 この日の放送でサユリは、生後7か月になる息子ゼン君の写真を公開した。サユリは「目がママと同じ。」というファン・ボラの言葉に、「私は二重まぶたの手術したが、(息子は)天然だ。」と述べ、笑いを誘った。

 またサユリは「母性」に関する話題に、「赤ちゃんを見たとたん、愛せると思ったのに、初めはぎこちなかった。血のつながりよりも、一緒に過ごす時間が大事だ。(ゼンが)私の子供じゃなかったとしても、変わらない。」と、自身の考えを語った。

 特にサユリは「自発的未婚の母」として最近、話題を集めていたが、周りにそういう人がいたら反対すると述べ、注目された。彼女は「私にかっこいいと言う人がいる。でもこれを流行りだと思わないでほしい。危険だし、後悔することもある。愛する人と結婚できなかったから、選んだこと。」とし、「他の選択をできるなら、それでもいいと思う。」と正直に語った。

一方でサユリは、日本で西洋人男性の精子提供を受け、自発的未婚の母を宣言、去る11月、ゼン君を出産し、話題を集めていた。