最近、バラエティで魅力を開花させているKAI(EXO)。初となるバラエティのレギュラー番組「ジョンナムを着た悪魔2」(tvN)に続き、ウェブバラエティ「アイドル書き取り大会」(TVING)、新番組「牛島(ウド)居酒屋」(tvN)と引っ張りだこだ。そんな中、7月9日(金)に放送された「シックスセンス2」(tvN)第3話にゲストとして登場し、積極的にバラエティに出演するようになった理由を明かした。

ユ・ジェソクから、「バラエティにあまり出ていなかったのに、最近よく出るようになったのはどうして?」と聞かれたKAI。「僕がその…、“パンツ”あるじゃないですか」と答えると、ユ・ジェソクは「あ〜」とピンときた様子で、女優オ・ナラも「私も見たよ」とすぐさま反応。

KAIを一躍バラエティ有望株にした「知ってるお兄さん」(JTBC)での“パンツ”発言だ。「静寂の中の叫び(伝言ゲーム)」で、BAEK HYUN(ベクヒョン)が伝える「ペディン(ダウンジャケット)の中」を「ペンティ(パンツ)の中」と勘違い。「パンツの中の2文字?」と慌てるKAIの様子にスタジオ大爆笑で、その後、世間からも“パンツの人”と認識されるようになったとKAI自身も語っていたほど大反響を呼んだ名シーンだ。

それがきっかけとなり、バラエティのオファーが続々と入ってくるようになったのだとか。この日、「シックスセンス2」でもクセの強いレギュラーメンバーたちとも対等に渡り合うほどすぐに馴染み、楽しそうにしながら抜群の適応力を見せていた。“パンツ”発言もあり、ボケ気質なのかと思いきや、実は冷静にツッコミもできるので、トークも面白いのだ。

そんなKAIにいち早く目を付けたのが、ナ・ヨンソクPD。「ジョンナムを着た悪魔2」でKAIを新たに起用し、魅力を引き出した。7月10日(土)に最終回が放送されたが、モデルで俳優のペ・ジョンナムともすっかり息ぴったり。

撮影地はペ・ジョンナムの出身地である釜山のリゾートだったが、KAIはペ・ジョンナムに「最後の撮影だというのが信じられないです。会いたくなったらどうしたらいいですか?」と可愛い弟分的な一面を見せたかと思うと、「久しぶりの休暇だと思うけれど、撮影以外で地方に来たのは久しぶりでしょ?」と聞くナPDには「でも、きょうも仕事じゃないですか?」と冷静につっこむKAI。ホテルのチェックインで身分証明書の提出を求められた際には財布を取り出し、「領収書はあるんですけど(笑)」とお茶目な姿も。

今回はホテルのスタッフがペ・ジョンナムとKAIのファッションを評価したが、あるスタッフがKAIについて、「相手との自然な会話。謙虚な態度。何よりもルックスが優れている」と褒めていた。まさに、物腰が柔らかいKAIのコミュニケーション力の高さは好感度抜群で、エンディングトークで別れを名残惜しそうにしながら、ペ・ジョンナムが「何よりもうちの弟(KAI)と知り合えて」と言うと、ナPDも「KAIを発見したことも、僕たちのとても大きな収穫でした」と言っていたのが印象的だった。

KAIは最後までペ・ジョンナムのサポート役として十分すぎる活躍を見せ、ナPDにもしっかりハマったようだ。間髪入れず、7月12日(月)に新番組「牛島(ウド)居酒屋」がスタートするが、放送局はやはりtvN。

以前、「新西遊記」(tvN)シリーズで、入隊中不在だったキュヒョン(SUPER JUNIOR)の代わりとして入ってきたピオ(Block B)が、メンバーやスタッフから可愛がられるタイプで、そのままレギュラーとなった前例があるだけに、KAIもこれで“ナPDファミリー”の一員となり、本格的にバラエティ進出となるのか。そういう意味でも、新番組でどのような活躍を見せるのか注目だ。