グループ内いじめ騒動の加害者として名指しされたガールズグループ「APRIL」メンバーのチェウォンの母親が、疑惑を全面的に否定し、被害を訴えた元メンバーのヒョンジュにはっきりした証拠を出すよう要求した。

 チェウォンの母親は13日、SNSに文章を掲載し、「母親になった道理として、死を考えて苦しんでいる娘に『我慢して、耐えよう。真実は明らかになるから』としか言えなかった」とつづり始めた。

 以前公開されたチェウォンの立場文の一部に事実関係が間違っているという指摘について母親は「内容の中で日付のミスが問題になり、事実かどうかという争いがあったのを知っている。立場文を慎重に検討せず、記憶の中の日付を断定してうっかり公開したことは娘の手落ちだ」と説明。

 しかし「娘のデビューを期待して見守っていた私にも非常に大事な時期だったため、パンク事件後、残りの活動期間中、『APRIL』が音楽番組『ミュージックバンク』に出演できないのも、ヒョンジュがリハーサルをすっぽかしたことも、鮮明に覚えている」と強調した。

 チェウォンとヒョンジュはデビュー前から親しかったとし、「ヒョンジュの逸脱した突発的な行動がひどくなり、チェウォン自身も疲れていったと心境を明かしていた。グループに被害を与える頻繁な逸脱した行動によって苦しみ、その時の娘の心境は心理相談内容に書かれていると思う」と振り返った。

 特にチェウォンの母親は、ヒョンジュの母親とも親交が深かったと強調し、やり取りしたメッセージを公開。続けて「本当にチェウォンがヒョンジュをいじめて仲たがいしたなら、またヒョンジュのお母さんもチェウォンがそんな子だと思っていたら、私がヒョンジュのお母さんと信頼し合う関係が可能だっただろうか」と疑問を投げかけた。

 さらに「私も娘も、ヒョンジュに聞きたいことがたくさんある。当事者であるヒョンジュは今回の事件で何もはっきりとした証拠を出さず、本人の立場も明確に発表せず、対面調査すら拒否している」と指摘。続けて「一方を信じて応援する気持ちは理解するが、娘と私がここまで悔しい思いをしているのには、それなりの理由があることを一度くらいは考えていただけたらと思う。私は娘の悔しさが晴れるよう、最後まで努力するので見守ってほしい」と強調した。

 ことし2月末、ヒョンジュが「APRIL」在籍中にいじめられたという文章がオンラインで拡散された。4月、ヒョンジュは自らSNSで「いじめはデビューを準備していた2014年から始まり、グループを脱退した2016年まで続いた」と被害者であることを明らかにした。

 これにより、メンバーのナウンとジンソルは立場を明らかにし、いじめ疑惑を否定。チェウォンも先月、公式ファンカフェで疑惑を否定していた。