チョン・ジヒョンの所属事務所は、チョン・ジヒョンがコロナ関連で、義母とは直接的な接触はなく、「異常がない」と明らかにした。

チョン・ジヒョンの所属事務所は15日、メディアがチョン・ジヒョンの義母であるデザイナーのイ・ジョンウがコロナ陽性判定を受けたことを報道すると、このように伝えた。

イ・ジョンウがコロナ陽性判定を受けた時期は3か月前の今年4月であり、現在は完治していることが確認された。また、チョン・ジヒョンは、当時の撮影スケジュール等でイ・ジョンウとの直接的な接触もなかったと伝えられた。

イ・ジョンウは、先月浮上した嫁チョン・ジヒョンと息子夫婦の離婚説に不快な心境を表わし、注目を集めた。当時、イ・ジョンウはSNSを通して「今日はとても腹立たしい日」と間接的に表現した。

一方、チョン・ジヒョンは20日Netflix「キングダム:アシンの物語」のオンライン制作報告会に出席する予定だ。

「キングダム:アシンの物語」は、朝鮮を揺るがす大きな悲劇の始まりとなった生死草とアシンの物語を描いた「キングダム」シリーズのスペシャルエピソードで、23日からNetflixで公開される。