イ・ホンギ(FTISLAND)が単独でMCを務める音楽トークバラエティ「ザ・プレイリスト」(Mnet)の第2話が7月14日(水)に放送され、「Born to be ACE」をテーマに、ゲストとして前半はキム・ジェファン、後半はRAVI(VIXX)が登場した。

まず、自他ともに認める「カバーの達人」キム・ジェファンが、キム・ゴンモの「ソウルの月」をアレンジしたオープニングステージを飾った。「鼓膜彼氏」、「信じて聴ける感性ボーカル」などと呼ばれるキム・ジェファンなだけに、イ・ホンギも「すごく上手かった」と感心しながら、トークがスタートした。

イ・ホンギはキム・ジェファンを迎えるにあたって、事前に番組スタッフから、古くから縁があると聞いていたそうだ。ところが、いつ会ったことがあるのか、覚えていないので、自分だけが忘れてしまったのか気になっていたとし、さっそくキム・ジェファンに聞いてみると、実はキム・ジェファンが小学生の頃、失恋をしたときに「FTISLAND」の曲をよく聴いていたという話だったのだ。

真剣に話すキム・ジェファンに、イ・ホンギは笑いながら安堵していた。以前にもイ・ホンギは子役時代、一緒に広告を撮影したのが、後に「EXO」CHANYEOL(チャンヨル)だと分かったことがあり、子役時代に会っていたケースなのかと思っていたそうだ。

多少の誤解(!? )はあったものの、キム・ジェファンが「FTISLAND」のファンだったことは事実。アルバムを全部聴いていて、バンド練習生だったこともあるので、イ・ホンギを見ながら歌手になる夢を抱いていたそうだ。そこで、そのファン心は本物かを確かめるため、イントロクイズが展開された。

キム・ジェファンは1stアルバムの収録曲「男の初恋は墓まで行く」を軽く正解し、イ・ホンギを驚かせたが、その喜びもつかの間。「分かるんだけど」と言いながら、「Love Love Love」を正確に答えられず、次の曲も正解は「Don’t Love(愛さないで)」だったが、「日本で人気になった曲ですよね?日本のファンの皆さんがすごく好きな」と聞き、イ・ホンギが「違います」と言ったのに、日本語で「さくら」と答えたキム・ジェファン。突拍子もない答えに大爆笑のイ・ホンギは、これをきっかけに仲良くなろうとキム・ジェファンの望み通り、電話番号を交換することを約束した。

また、今回も音楽人生グラフを作る「人生作曲グラフ」コーナーでは、即興で「あの日々」をキム・ジェファンがギターを弾き、イ・ホンギが歌うというコラボも。そして、キム・ジェファンが2017年の「Wanna One」デビューをグラフの最高点にしていたのも印象的だった。

番組後半は2人目のゲスト、RAVI。RAVIといえば、人気バラエティ「1泊2日」(KBS第2)と、ヒップホップレーベル「GROOVL1N」の代表というキーワードが思い浮かぶが、イ・ホンギとのトークでも、それが話題の中心だった。

“妹バカ”で有名なRAVIは、イ・ホンギに妹に紹介したい「1泊2日」メンバーを聞かれ、真っ先にDinDinを脱落させ、「一途だから」という理由で、お笑い芸人ムン・セユンと答えた。

そんな「1泊2日」メンバーたちは、新しいアルバムが出るたびに宣伝をしてくれるそうだが、それぞれタイプがあって、DinDinはアルバムが発売される前まで、一方ずっとこつこつと宣伝してくれるのが俳優キム・ソノなのだとか。キム・ソノのプレイリストにはRAVIの曲が100%入っていて、いつも新曲をアップデートし、オススメしてくれるのでRAVIはキム・ソノに「そんなことしてくれたら、恋しちゃうじゃない?」とメッセージを送ったりするというほっこりエピソードも明かし、「1泊2日」メンバーたちへの愛情を垣間見せていた。

また、コラボライブをするため、「GROOVL1N」所属の実力派R&BアーティストXydoも登場。XydoとRAVIは同い年だそうだが、RAVIがXydoと契約に至った経緯や、RAVIの代表としての太っ腹な一面も公開し、2人で「FREEZING POINT (Feat. Xydo)」をテレビ初披露した。

他にも、自己愛の強いRAVIは今回パフォーマンスを披露した曲が全て自分の曲だったし、2016年に自信のある体のパーツを聞かれた際、「シルエット」と答えていたことや、ライブなどでは鍛えられた腹筋もよく公開し、身長が高く、手足が長い方だとアピール。そのとき、イ・ホンギが「僕は韓国人の平均身長なんです」と比較対象として自分は174cmだと言ったのも面白かったが、今回イ・ホンギとのサシトークは見応えたっぷりだった。

バラエティでの活躍が目立つRAVIだが、独特な感性の持ち主で、アルバム紹介文では普通、ジャンルやコンセプト、どんなメッセージを込めた曲なのかが書かれていたりするが、RAVIが自ら書いている紹介文は、例えば「ROSES」には「アルバムを出すのが怖かったけれど、完成させたアルバム」、「What About You(聞くな)」には「元恋人に連絡しないようにしましょう」と書いていたりする。今回のテーマが「生まれながらのエース」だったが、RAVIの多才ぶりがよく分かる内容だった。