「BTS(防弾少年団)」JIMINが2021年7月、ボーイズグループ個人ブランド評判1位を記録。これで31か月連続1位という大記録を樹立したと17日、韓国企業評判研究所が発表した。

7月のボーイズグループ個人ブランド評判トップ30は「BTS」JIMIN、「2PM」ジュノ、「BTS」V、「ASTRO」チャ・ウヌ、「BTS」JUNG KOOK、「BTS」JIN、「SUPER JUNIOR」ヒチョル、「BTS」RM、「BTS」SUGA、「BIGBANG」G-DRAGON、「SEVENTEEN」エスクプス、「2PM」ウヨン、「NCT」マーク、「SEVENTEEN」ジョシュア、「2PM」チャンソン、「BTS」J-HOPE、「WINNER」カン・スンユン、「WINNER」ソン・ミノ、「SEVENTEEN」ディノ、「SUPER JUNIOR」ウニョク、「Highlight」ユン・ドゥジュン、「Highlight」ヤン・ヨソプ、「NCT」ジョンウ、「THE BOYZ」ヨンフン、「NCT」チソン、「THE BOYZ」サンヨン、「MONSTA X」ショヌ、「THE BOYZ」ジュヨン、「TOMORROW X TOGETHER」スビン、「SHINee」ミンホ、「NCT」ジェミンの順だった。

韓国企業評判研究所ク・チャンファン所長は「1位を記録したJIMINブランドはリンク分析で“可愛い、公開する、出演する”が高く、キーワード分析では“Butter、Permission to Dance、ARMY”が高かった。肯否定比率分析では肯定比率81.07%だった」と伝えた。