歌手ジョン・パクが自身の初キスエピソードを明かした。

18日放送されたSBS「みにくいうちの子」でジョン・パクは「初キスを覚えているか?」という質問に、「高校3年生の時だった。アメリカで過ごしていたにしては遅かった。私は静かで、そんなに遊びまわるようなタイプではなかった」と答えた。

さらに、ジョン・パクは「高校3年生の時親友の家に遊びに行ったら、親友カップルと女友達がいた。カップルが別の部屋に行き、私はTVを見て横になっていたら、女友達が突然私を見て横になりキスをしてきた。そうして初キスを奪われた。私たちは全くそのような関係でなかったのに。相手はアメリカ人で、1歳年下の友人だった」と振り返った。

また、ジョン・パクは「その後、少しよそよそしくなったが再び友達に戻った。ちょっとしたその日のハプニングで終わった」と打ち明けた。