7月17日(土)に「LOUD」(SBS)第7話が放送され、いよいよ第4ラウンド“P NATIONラウンド”が始まった。第3ラウンドの“JYPラウンド”とはまた違い、今回はまさに“PSYワールド”全開だった。

まず、“P NATIONラウンド”の準備過程で、地上6階地下1階のP NATIONにやってきた参加者25人を出迎え、ウェルカムキット(マスク、アルコール消毒液、案内書&近くのおいしい店リスト)を渡したPSY。「JYPのオーガニック食堂おいしかったでしょ?でもオーガニックも1日、2日でしょ。オーガニックも一生懸命食べなきゃいけないけれど、たまにはラポッキ(ラーメントッポッキ)もトンカツも食べないと」と参加者たちの心をつかみ、それぞれの名前が書かれた通行証も渡し、参加者たちのテンションを上げた。

そして、チームを分けるため、自分ならではの“HIPさ”を表現するパフォーマンスを2時間で準備し、見せてほしいと即席ミッションを課したのだが、これがいつしかPSYの独壇場になっていくのだった。PSYの指名で、現在ファン投票でも1位のイ・ゲフン(元JYP練習生)から始まったこのミッション。

次に「本当に近くで見たかった」と期待を寄せていたコウキを指名し、パフォーマンスを見た後、日本語で「最高です」と伝え、すでに盛り上がりを見せ始めていたが、ハルトには「再発見だった。きょうの表情が一番良い」、イム・ギョンムン(元JYP練習生)にも「今まで見てきたステージの中で、これが一番良い」と褒めたPSYは、ノリノリでパフォーマンスをするチャン・ヒョンス(元P NATION練習生)のとき、ついに我慢できずに立ち上がったのだ。そして、マイクを持つとステージに乱入!? 一緒に歌い出すというPSYのノリの良さに参加者たちも大熱狂し、一瞬でPSYのコンサート会場に早変わりしたのだった。審査を忘れ、一緒に歌ってしまうというのが、なんともPSYらしい。そして、最後を締めくくる参加者にケイジュを指名。ケイジュもその期待に応え、興奮のるつぼと化した即席ミッションだった。

ちなみにこのミッション中、リアクションのいいアマル(元JYP練習生)がフィーチャーされ、PSYの言葉をコウキとケイジュに通訳してあげている場面もキャッチされるなど、アマルがコウキの面倒を見てあげている姿も微笑ましかった。

参加者たちが、P NATIONでの2週間の準備期間を通じて、「P NATIONはエネルギーが格別」、「家族のような共同体に所属している気分だった」と語っていたが、それがまさにPSYの魅力だろう。こうしてPSYの遊び心あふれるミッションを通じて、参加者たちは“K-POP組”と“音楽創作組”に分けられた。

まずは“音楽創作組”の模様から。4人1組の3チームが登場した。ルールは第3ラウンドでのJ.Y.Park(パク・チニョン)とPSYの役割をチェンジし、J.Y.Parkがチームの点数、PSYが個人の順位を決定。チームの点数1位のチームは全員生き残りで、2位のチームからは脱落候補1人、3位のチームからは脱落候補2人が発生するチームバトルだ。

ファン投票で常に上位に入っている注目の参加者としては、チョン・ジュンヒョク(元P NATION練習生)、オ・ソンジュン(元P NATION練習生)、イム・ギョンムンらが登場。中でも、J.Y.Parkの目に留まっているチョン・ジュンヒョクが今回も「ジュンヒョクくんが書いた歌詞に驚きはなかったけれど、ダンスと歌を見ると、驚く歌詞を書かなくてもエースです。視聴者の心に“チョン・ジュンヒョク”という名前を刻みました。感情を表情、手の動き、声、全てで表現していました。そのとき、視聴者と観客は圧倒されるんです」と高評価。そして、「彼女さえ作らなければいいと思います」というJ.Y.Parkのアドバイスに、PSYも「今まで(J.Y.Parkが)“彼女と付き合ったらダメ”と言っていたことに理解ができなかったけれど、今はそう言ってくれてありがたい(笑)」とアイドルグループを作るにあたり、徐々に考えが変化してきたことを明かしていたのも印象的だった。

今回、PSYの個人順位でチョン・ジュンヒョクはチーム2位。オ・ソンジュンとイム・ギョンムンもそれぞれチーム2位で次のラウンドに進出決定し、日本人参加者のハルトはチーム4位で脱落候補となった。

なお、事前ファン投票中間集計(7月17日午前基準)では、1位は変わらずイ・ゲフン、2位はまたワンランクアップしたチョン・ジュンヒョク、3位は3ランクアップのケイジュ。ケイジュはパフォーマンス以外でもよくカメラに抜かれるし、“JYPラウンド” の“ダンス創作組”で1位になったことも影響しているのだろうか。また、ずっと2位だったイケメンのウ・ギョンジュン(元P NATION)は4位、アマルは5位。ほかコウキは9位、ハルトは16位という順位だった。次回はイ・ゲフンとコウキという2人のエースが同じチームで登場することが予告されており、どんな結果が待っているのか楽しみだ。