「BTS(防弾少年団)」JUNG KOOKが情熱いっぱいのプロアイドルの姿で関心を集めた。

18日、「BTS(防弾少年団)」は公式YouTubeアカウント「BANGTANTV」を介して「[EPISODE] BTS『Permission to Dance』MV Shooting Sketch」というタイトルで、新曲「Permission to Dance」ミュージックビデオのショートスケッチエピソード映像を公開した。

このうち、メンバーJUNG KOOKは夜遅くに最後の個人撮影を開始し、洗濯機がいっぱいな場所で独舞を撮った。

JUNG KOOKは監督のディレクを素早く理解しながら「ミュージカルのようにしなきゃ!」とコンセプトをしっかり把握するスマートな姿を見せた。

JUNG KOOKは、カラフルなステップと手まで生きているダンスライン、リアルな表情の演技が加わったダンスを見せながら「ピルエット(スピン)」のパフォーマンスを撮るため、360度何度も回転した。

JUNG KOOKは完璧なシーンのために無限に回転して「あ〜クラクラする」とめまいを訴えたが、ターンを止めず、情熱と努力を燃やした。

JUNG KOOKは「生まれて初めてこんなに多くターンした」という話し、情熱と努力でパーフェクトな「ターン」のシーンを誕生させたJUNG KOOKは「お疲れ様」というスタッフの歓声と拍手を受け、撮影を終えた。

JUNG KOOKは疲れた気配もなく、終始明るい笑顔を失わないポジティブなエネルギーを発散して目を引いた。