グループ「BTS(防弾少年団)」が「Butter」に続き、新曲「Permission to Dance」で米国ビルボードチャートをさらって、新しい歴史を塗りかえた。

20日(現地時間)、米国の音楽専門メディアビルボードが発表した最新のチャート(7月24日付)によると、「BTS」が9日に発売した「Permission to Dance」は、メインシングルチャート「HOT100」で1位を記録した。

昨年8月に発売した「Dynamite」(3回)で韓国歌手初の「HOT100」1位のタイトルを手にして以来、フィーチャリングに参加した「Savage Love」のリミックスバージョン(1回)、アルバム「BE」のタイトル曲「Life Goes On」(1回)、「Butter」(7回)そして、「Permission to Dance」(1回)まで通算13回目の「HOT100」1位獲得となった。

「BTS」は、直近で7週連続「HOT100」でトップの座を守ったデジタルシングル「Butter」のバトンを受け継いだ。ビルボードによると、「HOT100」1位を自らバトンタッチしたのは2018年7月のDrake以降では、「BTS」が初となる。

このように 「HOT100」で、トップの座を自らバトンタッチした歌手は、これまでDrake、Justin Bieber、The Weeknd、Taylor Swift、「The Black Eyed Peas」 、「The Beatles」など13チームだけだ。

「Permission to Dance」は、「HOT100」チャート以外のチャートも席巻した。この曲は、全世界の200以上の国と地域のストリーミングと販売量を集計して順位を発表する「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(米国を除く)」の両方で1位を記録し、「デジタルソングセールス」と「カナディアンデジタルソングセールス」チャートでもトップになった。

発売されてから2か月が過ぎた「Butter」もまだチャートで独歩的な影響力を見せている。ストリーミングラジオ放送回数、音源販売量を総合して集計する新設チャート「ソング・オブ・ザ・サマー」は、5週連続1位を記録し、「HOT100」7位をはじめ、「ビルボードグローバル(米国を除く)」3位、 「ビルボードグローバル200」6位、「デジタルソングセールス」2位に輝いた。

この他にも「BTS」は、メインのアルバムチャートである「ビルボード200」に「MAP OF THE SOUL:7」(93位)と「BE」(108位)など、計2つのアルバムがランク入りした。「トップカレントアルバムセールス」でも「MAP OF THE SOUL:7」と「BE」がそれぞれ6位、13位にランクインした。