<「その冬、風か吹く」OST、今日の1曲>
※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「その冬、風が吹く」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは8年ぶりにドラマにカムバックしたチョ・インソンと、数々のドラマでヒットを飛ばすソン・ヘギョがタッグを組んだ。日本のドラマ「愛なんていらねぇよ、夏」(広末涼子・渡部篤郎出演)をリメイクしたもの。
ギャンブラーとして生計を立てる天涯孤独の男性が、ある日事故で亡くなった友人の妹に会いに行くとそこは財閥の大豪邸。男が友人に成りすますところからストーリーが始まる。

今日の1曲はテヨンが歌う「そしてひとつだけ」だ。実力派アイドル歌手テヨンが歌う、冬をテーマにしたラブバラード。韓国でもロングヒットを記録した1曲。

<歌詞の解説>

「すぐに傷ついて すぐに泣いて すぐに苦しむ私を覚えていますか 今もそう ずっと変わらない こんな私を見たらどう思うかな 簡単に背を向けても 簡単に離れても あなたを簡単には忘れられないことを知っていますか 相変わらずこんな私を まだこんな私を見たら バカだと言いそうね」最初の歌詞では弱い自分自身のことを語った内容になっている。

※サビ「それでも求めてしまう そしてひとつだけ どんなに苦しくても 一度だけ どんなに擦り切れても 涙がかわかなくても 初めてのころに戻れたら」サビの部分では、相手を求めてしまうヨンの切ない恋心が表現されていて、悲しい。

「初めて出会った あの時の時間が 恨めしい時もあるの 時々そう思う 恋しささえ許されないなら 息もできないくせに」テヨンが語り掛けるように歌うこの部分では、”許されない恋”についての想いが伝わってくる。

※サビのリピート」

「それでも もしかして あなたも一度だけ 生きていて人生で 少なくとも一度でも 時々私を思い出して 胸が震えたことがありましたか 生きていて人生で 少なくとも一度でも」2回目のサビでは曲が一番盛り上がってくる。”少なくとも一度でも 時々私を思い出して 胸が震えたことがありましたか”という歌詞が印象的だ。

「そしてひとつだけ これだけは忘れないで あなただけでもまっすぐに生きてほしい」この部分はメッセージになっている。ドラマの設定通りだ。

「それでも もしかして あなたも一度だけ 生きていて人生で 少なくとも一度でも 時々私を思い出して 胸が震えたことがありましたか 生きていて人生で 少なくとも一度くらいは」印象的なフレーズをもう一度繰り返し、静かに曲は終わっていく。


歌手テヨン(本名:キム・テヨン)は、1989年生まれ。日本でも知名度が高いアイドル「少女時代」のメンバーで2007年にデビュー。2008年には「快刀ホン・ギルトン」のOSTに初めて参加し「もしも」が大ヒット。
その後は「キング〜Two Hearts」、「花ざかりの君たちへ」、「ホテルデルーナ」など数々のドラマのOSTにソロ歌手として参加しヒットを飛ばしている。その他、デュエット曲も出しており、The One、キム・ボムス、Crushらとコラボもしていた。
2020年にはソウル歌謡大賞のOST賞を受賞しており、今後もOSTに登場するであろう歌手の1人だ。

<ネットユーザーの反応>

「ドラマもよかったし、OSTが本当に良い曲」
「曲が冬のイメージにピッタリ」
「パーフェクトなラブストーリーだった」
「テヨンの曲は安定していて胸に響く」
「このバラードは忘れられない」

「その冬、風が吹く」では、チョ・インソンとソン・ヘギョの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。