グループ「aespa」が米国最大のエージェンシーCreative Artists Agency (以下CAA)とエージェント契約を締結した。

23日、所属事務所SMエンターテインメントによると、「aespa」はCAAのグローバルネットワークを基盤とし、米国を含むグローバル音楽市場でより活発に活動を展開する予定だ。

昨年11月に発売された「aespa」のデビュー曲「Black Mamba」は、K-POPグループのデビュー曲ミュージックビデオ史上最短で、再生回数1億回を記録した。新曲「Next Level」のミュージックビデオは、これより19日早く再生回数1億回を達成し、自己記録を更新したのはもちろん、現在までも国内外の主要音源チャート最上位圏にランクするなど、スーパールーキーの道を歩き続けている。CAAとの契約を通じて見せる新たな活躍も期待される。

CAAは米国最大規模のエンターテイメント&スポーツエージェンシーで、米国のみならずグローバルエンターテイメント市場で大きな影響力を持っており、レディー・ガガ、ビヨンセ、マライア・キャリー、ジャスティン・ビーバー、アリアナ・グランデなどが所属している。