お笑いタレントのユ・ジェソクは新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触し、自家隔離(自宅隔離)をしている中、検査結果「陰性」判定を受けた。

ユ・ジェソクの所属事務所「Antenna」は24日、公式立場を通じて「ユ・ジェソクは今月23日、出演中のtvN『ユ・クイズ ON THE BLOCK』のスタッフの1人が新型コロナウイルスの感染判定を受け、コロナの検査を行った」とし、「検査結果、ユ・ジェソクは本日(24日)陰性判定を受けた」と知らせた。

さらに「ユ・ジェソクは防疫当局の指針に従い、自家隔離を履行しており、現在健康上の特異事項はない」とし、「当社は今後、防疫当局の方針に従い、アーティストの健康と安全に万全を期す」とも付け加えた。

これに先立ち23日にユ・ジェソクはtvNのバラエティ番組「ユ・クイズ ON THE BLOCK」の収録途中、コロナ感染者であるスタッフと接触し濃厚接触者に分類され、検査を受けて自家隔離に突入した。

「ユ・クイズ」の制作スタッフはこれに公式立場を通じて、「スタッフのうち1人が23日にコロナの感染判定を受けた」としながら「これに対して保健当局の指針に従い、21日の収録に参加した制作スタッフや出演陣全員がコロナの検査を行った後、結果を待っている」と知らせた。

これにより「ユ・クイズ ON THE BLOCK」は2週間収録を行わない予定で、放送休止に関しては今後案内すると伝えた。

「ユ・クイズ」側は「感染したスタッフの快癒を祈り、『ユ・クイズ ON THE BLOCK』は継続して防疫当局の指針を遵守しながら安全管理にいっそう努める」と付け加えた。