新人歌手、KINDA BLUEがデビュー日程を公開した。

所属事務所NINE21によると、KINDA BLUEは8月3日、デジタルシングル「I can not make you love me」でデビューする。

Loco、WOOGIE、DPR LIVE、Beenzinoなどのミュージシャンと活動を共にした「MAMAMOO」のファサがKINDA BLUEのデビュー曲を偶然聴き、コラボレーションを自ら申し出たとし、期待が高まっている

活動名のKINDA BLUEはフュージョンジャズの道を開いた米国のジャズミュージシャンMiles Davisのアルバム「Kind Of Blue」からインスピレーションを受けた。「人は誰でもそれぞれの「Blue(憂鬱感)」を抱えて生きてるが、同時に「Blue(青)」に癒されるように、音楽を通じてリスナーに慰めと癒しを与えたい」という思いが込められている。

KINDA BLUEは、デビュー曲「I can not make you love me」の作詞、作曲、編曲など、すべての過程に自ら参加し、独自の明確な個性と高いレベルの音楽的力量を披露する予定だ。

ファサも作詞に参加しているため、どのような音楽が公開されるのか関心が寄せられている。