俳優ク・ヘソンがショートカットの頃の写真を公開し、ネット上で攻撃を受けている韓国代表選手の騒動に対し、所信を伝えた。

ク・ヘソンは28日、自身のインスタグラムに「ショートカットは自由」とコメントを残した。
また、過去のショートカット姿の写真もアップした。

これらは、2020東京オリンピックで金メダルを獲得した女子アーチェリー韓国代表のアン・サン選手に対し、一部のネットユーザーが「女子大にショートカット、フェミニストの条件を備えている」とし、「排除しなければいけない」と攻撃し、騒動となったのがきっかけだ。

アン・サン選手はあるネットユーザーから「なぜ髪を切るのか?」という質問を受け、「その方が楽だからです」と回答している。

一方、ク・ヘソンは最近、第25回ブチョン(富川)国際ファンタスティック映画祭で自身の演出作である「DARK YELLOW」を披露し、絵、音楽などの多方面でも活躍している。